簿記3級取得のための勉強法

資格取得においては、勉強が必要になりますが、独学学校通信講座といったように様々な学習方法があります。

すでに社会人として働いている方や、現役大学生、またはフリーターであったりと、個人によっては生活環境が異なってきますので、自分の環境にあった勉強法を選ぶことが必要になってきます。

どれを選ぶにしても、参考書やテキスト、また問題集といったものを使用することになります。
これらは多くの出版社から発行されており、目的としては同じなのですが、中身は出版社や著者ごとに様々です。

問題集はどれを選んでもそれほど違いはありませんが、参考書等の場合、同じ内容を説明していてもその説明の仕方は様々で、使用する側にとってはどれがよいのか判断に困ります。

通信講座や学校の場合は、予め用意されたものを使用するので選択の余地はないのですが、独学の場合は自分で選ぶことになります。
独学の場合は、この選択がとても重要になるのです。
どれでもいいのではなく、自分に合ったものを選ぶことによって合格率も全然違ってくることになります。
わかりやすく図解されているものもあれば、難しい文章が書かれているものもあります。
ある程度の知識があれば難しい文章でも問題ありませんが、全くの簿記の初心者の場合は、やはり単純でわかりやすいものの方が理解しやすいでしょう。

これらの参考書等、また問題集を購入する場合は、第何版かというのも重要です。
検定のタイミングによって範囲が広がっていたりするので購入の際は最新のものを購入するようにしましょう。
古書等で入手する場合は、特に注意が必要です。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫