簿記3級を独学で取得する

資格取得のための勉強方法には、様々な方法があります。
これは簿記に限ったことではなく、他のいろいろな資格などにも当てはまります。
これらの学習方法は資格取得のためであり、検定を受検し合格するといった目的は同じです。ですが、勉強の仕方などが多少異なることになります。

中でも独学の場合は、すべてを自分で行うため、自己管理ができなければ、きちんと資格取得に向けての学習は難しくなります
しかし、自分ですべてコントロールできればコストもかかりませんし、時間の都合もつけやすいといったメリットがあります。

通信講座も同様に自己管理が必要ですね。
もちろんこれはどこで学習を行うかといった点によるものとなります。

学校の場合は、学校とは言いますがほとんどがオンデマンド方式となっているため、通信講座と同様の学習法となります。

自宅で学習する場合に注意しておく点は、やはり参考書や問題集といったものになります。
多くの出版社から様々なものが出ていますから、どれを選ぶかが重要です。
あまり難しいものを選んでしまうと、途中で挫折することにもなりかねませんし、簡単すぎるものでは実際の検定には物足りないかもしれません。

要は、現在の自分の簿記のスキルに合わせたものを使用する必要があるということです。
難しい参考書でも、自分が高いスキルを持ち合わせていると、なんの参考にもならないということになります。
本屋さんにいくと、さまざまなテキストなども販売されていますので、内容を確認しながら、自分のレベルにあったものを購入するのが良いでしょう。

次の記事へ ≫


>>日商簿記2級の難易度についての詳細